英語の勉強を毎日行う方法を伝授:アイディア次第で習慣化

英語の勉強を毎日行う方法を伝授:アイディア次第で習慣化

英語に限らず勉強は、なんだか堅苦しいものです。僕も大嫌い。机の上でカリカリと勉強するのはストレスが溜まるものです。少しでも「勉強」という要素を取り除いて、英語の勉強をしたいものですよね。ここでは、英語を習慣化するための方法・アイディアを皆さんにお伝えします。

この記事では、特に「英語は好きだけど、勉強は嫌い」という方のためにお伝えします。僕自身、勉強嫌いでとても怠けものでした。そんな方々へ有用な記事になっています。

習慣化すれば英語の勉強はできる

習慣は最強

根性論になるかもしれませんが、毎日勉強すれば、最強だと思いません?毎日、8時間のフルタイムで勉強ができれば、英語能力は確実に上がる容易に想像できますよね。

一生懸命勉強した努力は必ず自分へ返ってきます。TOEICでも英検でもTOEFLでも、同じです。伸び悩んだ時期があったとしても必ず、その先にゴールが見えてきます。

ただ現実は、一日何時間もがっつり時間も体力もないものです。ゲームをしてしまったり、スマホをいじってしまったりしてしまうものです。遊んでしまいます。少なくとも僕は、一日8時間も勉強する集中力はないです。

机に向かっての学習は苦痛が伴うものです。ただ、アイディア次第で英語の勉強は習慣的にできるものです。次の項目から習慣化するアイディアを共有します。

英語の勉強を習慣化するための方法3つ

英語の勉強を習慣化3つ

英語の勉強を習慣化するための方法について共有します。

英語の勉強を習慣化1:移動中を活用

英語の勉強を習慣化する方法ひとつ目は、移動中の時間を有効に使うことです。移動時間って日々の生活をしている中でほぼ確実に訪れるシーンですよね。そんな移動時間を有効に使うようにすることで、習慣的に英語を勉強することができます。

具体的に移動時間に「どんなことをすれば良いのか」というと。リスニングです。スマホのアプリを利用するようにしましょう。

【無料】移動中に有用なスマホアプリ

  • Podcast
  • YouTube

上記2つが移動中、特に役立つアプリではないでしょうか。Podcastでは英語のさまざま英語番組を聴くことができます。また、YouTubeでも英語学習チャンネルやフレーズ強化動画など充実したコンテンツがあります。

英語の勉強を習慣化2:日常で英語を意識する

英語の勉強を習慣化する方法2つ目は、日常生活で英語を意識するということです。少しわかりづらいですよね。

日常の中ってたくさん英語が散りばめられています。例えばあなたがトイレに行くとします。

日常の中に英語ってたくさんあります

デパートなどトイレってほとんどの場合ウォシュレットのトイレですよね。そのウォシュレットのボタンを見てみてください。ボタンに日本語と英語訳が書いているのではないでしょうか。

「水圧であればpressure」等。また、注意書きなどの貼り紙にも日本語と英語訳が書いていませんか?こういった日常の中で当然のようにある英語を発見してみると良い勉強になりますよ。

英語の勉強を習慣化3:日記を付ける

日記を毎日つけるのも英語の勉強を習慣化できる一つのアイディアです。日記といっても長く書く必要はありません。A4の紙びっしり英語の文章を書くのはさすがに疲れますよね。

最初のうちは、3文程で一日の出来事をまとめると良いでしょう。「いつしたか・何をしたか・どうだったか(感想)」をを意識して書くと良いですよ。わからない表現は、調べるようにしましょう。ここで調べた英語表現はあなたが英語を話す時にかなり役に立ちます。英語を話すときって、たくさん英語フレーズを持っているものです。少なくとも僕はそうです。日記を付けた時に、使ったり覚えたフレーズは実際の英会話で役に立つことがしばしばあります。

英語で独り言でも良い

上記で紹介した、「いつしたか・何をしたか・どうだったか(感想)」を英語の独り言でも十分英語の勉強になりますよ。スラスラと英語が出なくても全然問題ありません。つっかえながらやって当たり前です。大切なのは毎日やることです。英会話自体のトレーニングにもなるので、良いですよ。

英語の勉強を習慣化する際に注意すこと

注意点を2つ

英語の勉強を習慣化するアイディアをこれまでお伝えしました。何かひとつでもあなたの役に立ったらとても嬉しいです。

ただ、それらには注意してほしいことが2つあります。

わからない事は調べないと勉強にならない

ひとつ目は、「わからないことは調べる」ということです。わからないことをそのままにすると、新しい知識を得ることができません。結果、勉強になりません。

知らない英単語を逐一、調べて勉強する必要はないでしょう。そうしてしまうと、ストレスが溜まります。僕は怠けものなので、逐一調べることはしませんでした。そういった、「がっつり勉強!」というのは、座学ですれば良いと思います。英単語やフレーズがわからなかった際は、「何度か聞いたな、この英単語(やフレーズ)。」なんでも頻出しているものは必ず、調べるようにしましょう。

習慣的に英語の勉強をしていても、わからないことをおざなりにするのは、良くありません。ぜひわからない事は調べる努力をするようにしましょうね。

試験勉強は対策しなければいけない

これまで、お伝えした英語の習慣化方法は、試験勉強とは別です。

TOEICや英検などのテストはしっかりとテスト勉強をしないと、点数アップにはつながりません。短期間でそれなりに点数アップを期待したいのであれば、きちんとテスト対策・テストの頻出単語の勉強・テスト慣れ、などの受験するテストに特化した勉強をしないといけません。

英語の勉強を毎日行う方法を伝授:アイディア次第で習慣化まとめ

ここでは、僕の経験を元に英語の勉強を毎日行うためのアイディアを紹介しました。「英語は好きでも、勉強は嫌い」っていう人はたくさんいますよね。習慣化のアイディアは以下の3つです。

  • 移動中を有効活用
  • 日々の生活で英語を発見する
  • 日記や独り言

ただし、「わからない事は調べる」これをしないと、新しい知識を得る事はできませんよ。また、試験での点数アップは別。試験対策をしないと、効果的に点数を上げることはできません。

今回は、僕のような怠けものの方のために、できるだけ日常と溶け込むような英語の勉強方法をお伝えしました。一つでも、あなたの役に立つと嬉しいです。