英語のリスニングが大切な理由はたった一つ!勉強方法も紹介

英語のリスニングが大切な理由はたった一つ!勉強方法も紹介

英語のリスニングが大切な理由はたったひとつだけです。それをこの記事ではお伝えしますね。英語初心者の方や英語のテスト(英検やTOEICなど)で高得点を取ろうと躍起になっている方は、「英語のリスニングって何のためにしているのか」原点に帰れるような記事の内容になっています。

ここでは、リスニングが大切なたったひとつの理由とリスニングの勉強方法、僕が実際に経験したリスニングが大切だと感じた瞬間などを紹介します。

英語でリスニングが大切な理由はたったひとつ

リスニングが大切な理由

英語でリスニングはとても大切です。理由はたったひとつです。

リスニングは英語のコミュニケーションで必須になる

リスニングが大切なたったひとつ目の理由は、「聞き取れないとコミュニケーションが取れないから」。筆談もできますが、対面では多くのシーンで口頭でやり取りが行われますよね。そのため、聞き取る能力はとても大切な能力となります。

英語を勉強する理由は人それぞれ違うでしょう。ただ、最終的な目標はどなたも英語でコミュニケーションを取るためですよね。英語は、テストのために勉強するわけでも、資格を取るために勉強するわけでもなく、英語を勉強する最終目標は90%以上の人が、英語でやり取りができるようになるためです。

データを取ったわけでもありませんが、僕の知り合った英語を勉強している人の90%以上は、

「英語を話せたらいいな」
という目標を持って勉強していました。

この記事を読んでいるほとんどの方は、将来の理想を「英語でコミュニケーションを取る」、「異文化に触れあいたい」「海外の友達が欲しい」と思う方々でしょう。リスニングはコミュニケーションを取るためのものです。これがリスニングが大切な理由。

資格・テストで高得点を目指したい人もリスニングは大切

英語のリスニングが大切なたったひとつの理由は、上記でお伝えしました。「最終的な目標は、英語でコミュニケーションを取るためだから、リスニングは必須ツールになりますよ!」というお話でした。といっても、中にはTOEICや英検、就職活動のために英語を勉強する方もいらっしゃいますよね。

そんな英語学習者さんにもリスニングは大切と言えます。なぜかと言うと、理由はひとつ。

「リスニングセクションは得点源になるから」

例えば、TOEICテスト。英語を勉強している方なら、ほとんどの方が受ける公式テストで、日本国内の知名度もバツグンです。

TOEICテストのリスニング問題って、リーディング問題よりも点数が高くなりがちじゃないですか?僕の周りの英語学習者はほぼ全員といって良いほど、リスニングの点数がリスニングの点数を50点前後上回っていました。

それを僕なりに精査したのですが、ひとつの理由に単純に難しい文法が少ないからだと思います。単語レベルに関しても然りです。リスニング問題の方が、リーディング問題よりも全体的な文章の難易度が低いです。比較的容易な文章は頭の中で整理しやすいです。結果、理解度が高くなり、点数が高くなるのだと感じます。

テストの得点源になり得るリスニングはぜひ大切にしておきたいところです。

英語のリスニングの勉強方法を3つ紹介

リスニング勉強方法

英語でのリスニングの大切さを知ったところで、「じゃ、具体的にどうやって勉強するの?」ということをお伝えします。

リスニング勉強方法1:単語の発音から

必ず大切にしておくべきことは、英単語ひとつひとつの発音の確認です。みなさん、単語帳や参考書、問題集などなど、英語の勉強をしている方ならどれか一つは、持っていますよね。持っていないなら、何かひとつ買っておくことをおすすめします。今回は、みなさんが単語帳を持っていると仮定します。

単語帳ってまず初めに英単語と日本語訳が羅列されていますよね。

  1. 英単語を確認
  2. 日本語訳を確認
  3. 発音を確認
  4. 自分で発音する

上記を実践するようにしてくださいね。日本語訳をきちんと確認することはとても大切です。知らない単語を知らない意味で発音してても、自分で何を言っているのか理解していないから定着しません。一度、自分でどんな意味の言葉を確認する作業はとても大切です。

一回で覚えられないのは当たり前!2回で覚えられないのも当たり前!10回で覚えられないのも当たり前!あまり急がずに、ゆっくりと勉強しましょう。

リスニング勉強方法2:ディクテーション

ふたつ目のリスニング勉強方法は、ディクテーション。ディクテーションのやる方は以下です。

  1. まず、リスニング教材のパッセージを通して聴く。
  2. 次に、ピリオド毎に音声を止めながら、話者が何を言っているのか、書き出す。紙などに「書きましょう。」
    ピリオド毎が簡単に感じる方は、2文か3文まとめてディクテーション。
  3. わからない単語があった場合は、それっぽいスペルを書く。間違えて大丈夫です。
  4. 書き取り終わったら、スクリプトを見て答え合わせ
  5. わからなかった文章は「なぜわからなかったのかを分析(単語なのか文法なのか。発音がわからなかったのか、など)」
  6. 最後に音読

なるべく、複数系のsなども聞き逃さないように、取り組みましょう。

何回聴いてもわからない文章は?

なるべく聞き取れるまで、聞きたいところです。しかし、人間なのでわからないものはわかりません。なので、ストレスが溜まるようなら、次に進んでしまって良いです。僕は、5回~10回ほどで次に進んでいました。

リスニング勉強方法3:音読

リスニングの勉強方法3つ目は音読です。具体的には、3、4単語が並んでいる短い英文を音読すると良いでしょう。

英単語帳に載っている例文でも良いですし、YouTube動画で紹介されているような英文でも良いでしょう。

ただし、大切なことは必ず日本語意味を確認しておくことです。音読する前に意味の確認です!

自分で何を言っているのか理解することが大切ですし、僕の経験だと意味を理解してから音読した方が頭の中にすんなり入ってくるイメージがあります。

また、音読にて完璧に言えるようになった文章はリスニングできるようになります。僕の経験から、これがどういうことなのかと説明すると、「自分自身で使える文章は聞き取れるから」です。自分でアウトプットできる英語表現は、聞き逃すことは、ほとんどありません。そのため、実践の英会話でアウトプットできるくらい完璧にするとかなり有用な勉強方法になります。

【経験談】実際にしたリスニング勉強と大切だと感じた時

実際にした勉強方法と大切感じた時:リスニング

僕が実際にしていたリスニング勉強方法と大切だと感じた瞬間をお伝えます。

リスニング学習で頻繁に使用していた勉強方法

僕が頻繁に行っていた英語のリスニング勉強方法はディクテーションがほとんどでした。単純に、図書館など静かなところで、勉強する機会が多かったので、ディクテーションをすることが多かったです。家で勉強することがほとんどなかったので。。

有名な勉強方法、音読・シャドーイング・ディクテーションを僕が実際にしていた時間をざっくりとパーセンテージにすると以下くらいになるでしょうか。

  • 音読:20%
  • シャドーイング:10%
  • ディクテーション:70%

上記のようになります。かなり控えにしました。多分、ディクテーションの割合はもう少し多いです。シャドーイングをした記憶は正直なところほとんどありません。

シャドーイング自体、通訳者などを志す人のレベルの高い訓練方法です。特に英語初心者の人は、ひとまずシャドーイングの勉強方法はスルーして良いかと思います。

リスニングの勉強が寄与したわけではないと思いますが、ほとんどディクテーションばかりをしていても英検準一級までは辿りつくことができました。勉強方法は人それぞれです。自分に合った勉強方法を採りましょう。

英語のリスニングが大切だと感じた瞬間

英語のリスニングが大切だと感じた瞬間は、TOEICや英検などのリスニング問題ではなく、英語でコミュニケーションを取っている時です。

コミュニケーションは自分と相手とで、双方向で会話を成さないといけません。自分の言いたいことだけではなく、相手の言いたいことも聞き取ったり、汲み取ったしないといけないのがコミュニケーションです。

僕は特に、英語を全くの初心者から始めたので、「これって僕が英語聞き取れなかった会話成立しないな。。」と思う瞬間が良くあります。自分を俯瞰に感じるという感覚です。

数年前にインターナショナルの幼稚園へ面接に行った際に実習試験がありました。内容は全部英語で、指示をくれる保育士さんも、もちろんネイティブ。「座れ」と言われたら座って、「ペンを持ってきて」と言われたらペンを持ってきて、「ついて来て」と言われたらついて行かなければいけません。全部英語を聞き取れないと、何も成立しません。「英語のリスニング」と一口に言っても、非ネイティブにとってはとてつもなく大切なことです。

英語のリスニングが大切な理由はたった一つ!勉強方法も紹介

ここでは、英語のリスニングが大切な理由と、勉強方法、僕が実際に経験した理スイングって大切だなと感じたシーンなどをお伝えしました。

リスニングはテストのため、資格のため、となりがちですが、本質的にはコミュニケーションを取るためのめちゃくちゃ大切なものです。

テストで高得点を取るためと盲目になりすぎず、本質的な目標をしっかりと意識して、英語の勉強を頑張ってくださいね。