学校の英語もTOEICも両方大切!話せない理由は単純すぎる

学校の英語もTOEICも両方大切!話せない理由は単純すぎる

学校での英語の勉強は受験のためにしているのでは?と思うほど、板書やテスト勉強が多いですよね。クラスメイトで高得点を採っている友達を思い返すと、高得点を採っているからと言って、英語が話せるわけではなかったです。みんな等しく、「英語が話せない」という感じだったと思います。みなさんの学生時代もそうだったのではないでしょうか。

ここで気になるのが、なんで点数を採っているのに英語が話せないんだろうということ。ある程度大人の年齢になると、英語が話せるか話せないかって「TOEICの点数」で決まったりします。

TOEIC点数が高いと周りから「あ、じゃあ英語はなせるんだ!」って言われますよね。学校のテストの点数が高くても英語が話せると思われないのに、TOEICスコアが高いと英語が話せる人って認識されるのって不思議です。

ここでは、「学校の英語テストの点数が高い人」と「TOEICなどの履歴書に書ける公式テストの違い」をお伝えした後、点数が高いのになんで英語が話せないのかを書きます。

前提として、ここでお伝えする「学校」は中学校や高校のことを言いますね。専門学校や短大、大学などの学校は除きます。

学校英語とTOEICの違い:権威性

英語のテストの権威性

権威性の違いについてお伝えします。

権威性の違いが原因?英語ができる人・できない人

テストの権威性の違いによって英語を話せる人、話せない人という認識を変えると思います。

冒頭でも、「学校の英語テストは高得点でも話せる人と認識されない。でも、TOEICなどの公式テストが高得点だと英語が話せる人と認識される」とお伝えしました。これって単純に権威性の違いじゃない?って思います。

学校教育ではテストはあくまで先生がテストを作って、学校内で点数が争われますよね。しかもテスト範囲の限定的な内容が問題となります。もちろん、問題内容はは基礎から応用まで、先生がきちんと考えてくれているでしょう。

一方で、TOEICや英検、TOEFLといった公式テストでは権威性が高いと言えます。全国規模でテストが行われて、各回で内容は統一されています。設問者も専門家が考えています。必然的に、受験者のテストに関する価値が変わりますよね。

学校で習う英語は軽視されがち!やり直し英語では絶対に勉強する内容

学校英語は軽視されがち

学校で習う英語ってどう考えても軽視されがちではないですか?ここでは、「学校で習う英語ってめちゃくちゃ大切だよね」ということをお伝えします。

学校で勉強する英語はとても大切

単純に学校教育の英語を軽視しているということもあります。
TOEICや英検などの権威性が高くて、学校で習う英語学習が軽視されているという状態です。僕もそう考えていました。

  • 「いや、TOEICの勉強した方が良いっしょ」
  • 「英検の勉強した方が良いっしょ」
  • 「学校の勉強ばっかりだったから、自分は話せないんだ!」

こんな風に考えていました。しかし、英語の勉強をすると学校で習った内容ってもれなく勉強する事になります。英検もTOEICもTOEFLも、どの試験でも。そこにビジネスの要素だとかアカデミックな要素だとかをプラスして試験勉強をすることになるのではないでしょうか。なので、学校の英語の授業内容が悪いから英語が話せるようにならないって、冷静に考えるとお角違いなのがわかります。

話すための英語は学校で勉強できるの?

学校で話すための英語は勉強できる

学校は話すための英語を勉強できないと言われたりもしますが、僕はそう思いません。

中学校の英語範囲でも十分話すための基礎力は付ける事ができます。巷では中学校レベルの英語力で話せるようになるよ!とか言いますよね。その通りですし、中学校の英語学習内容は大人になってやり直しで勉強する時もかなり重要です。というか英語の土台です。

ただ英語を話すためのトレーニングに関しては、乏しい部分はあるでしょう。

中学英語はめちゃくちゃ大切:経験談

僕は20歳を過ぎてから英語の勉強を始めました。さまざまなやり直し英語学習という参考書を見たことありますが、内容はどれも中学レベルもので、「あ、なんか見たことある!」というモノばかり。中学レベルの英語はそれだけ大切ということです。大人になってやり直しで英語を学習する時もとても重宝されます。

英語の参考書はアイデア次第でより優秀になる

例えば、高校受験の対策本を買ったら、問題は中学校の内容で問題が設定されていますよね。難関校の対策本であれば、必然的に設問レベルも上がります。さまざまな出版社からこの対策本が出ています。TOEICなどで、高得点を採っている人なら「いや、余裕でしょ(キリッ)」って思うかもしれませんが、例えば穴埋め問題で、選択肢を目隠しした状態で解いてみてください。

選択肢があると、反射的に「これ!」と即答できるものが、一気にあなたの基礎力が試される良質問題になります。恐らく、どの問題も答えは難しい英単語ではありませんが、なかなか難しく感じるでしょう。

英単語は簡単なのに、答えがなかなか導き出せない!って自分の基礎を試すにはかなり良いトレーニングになるのではないでしょうか。

英語が話せない本当の理由は単純:話さないから

英語が話せない理由

ここまで、学校の英語もTOEICなどの公式テストも大切ですよ!というお話をお伝えしました。単純な疑問で、「学校英語もTOEICも点数が高いのになんで話せる人って少ないの?」と思いますよね。

中学高校の英語の評価が高くても、英検やTOEICなどが良くても、英語が話せない本当の理由は単純です。単純に話さないからです。学校のテスト内容や勉強が内容が悪いわけでも、英検などで受験のための勉強しかしてないから話せないわけでもありません。英語は話す努力や使う努力をしないと一生話せるようになりません。

どの勉強方法を採っても話すための土台作りはできます。土台というか基礎作りです!基礎が大切ってそういうことです。僕が英語を使う時に武器にしているのは、英検やTOEICや自主学習でコツコツと蓄積したフレーズや基礎文法などです。

  1. 座学で英語の基礎・話すための武器(フレーズや文法、単語)を蓄積
  2. 実際に話す
  3. スラスラ話せなくて悔しい!言いたいこと言えない!
  4. また努力

上記をループすれば、いずれ話すせるようになるのではないでしょうか。「とりあえず話してみる」という感覚はとても大切です。「まだ自分には早いから、、」と尻すぼみしていると資格や高得点だけを取って本質的な目標に近づけないです。どんなタイミングでも良いので英語を話す機会があれば、話してみることが大切です。

学校の英語と公式テストの違い:まとめ

ここでは、学校の英語と公式テストの違いと、話せない理由は単純に英語を話さないから、ということをお伝えしました。

英語を話したい人は、どんな勉強方法が一番英語を話すための近道かを探るんじゃなくて、「盲目に武器作り(フレーズ・文法・英単語)→実際に使ってみる使う→反省→再度チャレンジ」という方法もありなのではと思います。

とにかく、あまり頭でっかちにならずに、目標に向かって努力するのが大切ですよ。コツコツと続ければ、いつか理想に手が届きます。

ちなみに、僕が思う英語上達の一番の近道は信頼できる先生がいる環境に身を置くことです。留学ももちろん、手っ取り早いでしょうが、お金が。。(笑)