ヒュージャックマンで英語の勉強!アクセントは?出演映画やYouTube

ヒュージャックマンで英語の勉強!アクセントは?出演映画やYouTube

好きな俳優さんで英語の勉強ができたら、嬉しいものですよね。今回は、有名俳優ヒュージャックマンでの英語学習方法を紹介します。

ヒュージャックマンがメインで出演している映画や、YouTubeでの出演動画、検索方法をお伝えします。

ヒュージャックマンの基本情報

名前 ヒュー・マイケル・ジャックマン
(Hugh Michael Jackman)
生年月日 1968年10月12日
出身 シドニー(オーストラリア)

ヒュージャックマンの英語アクセントは?

ヒュージャックマンはオーストラリアのニューサウスウェールズ州出身です。そのため、オーストラリアのアクセントが基本になります。

映画ではオーストラリア以外のアクセントで発音することも?

ヒュージャックマンといえば、世界的スーパースター俳優ですよね。(スーパースター俳優ってなんだ(笑))

数々のヒット作品に出演されています。そのため、映画によってはオーストラリア以外のアクセントで発音されることもあります。

例えば、ヒュージャックマンが出演した「ニューヨークの恋人」。ここでは、イギリスのアクセントで会話されています。

ヒュージャックマンはイギリス英語にゆかりがある?

ちなみに、ヒュージャックマンの両親がイングランド出身ということで、イギリス英語にもゆかりがあるようですよ。

【ヒュージャックマン】英語の勉強をする方法

好きな俳優さんで英語の勉強をすることができたら、理想的ですよね。もちろん、レベルは高くなってしまいますが、勉強方法は存在ます。

「映画もしくは、YouTube動画を活用」

ヒュージャックマンが出演する映画を使用して、英語の勉強をするか、YouTubeのインタビューなどを利用することです。

映画を活用した英語の勉強:作品は?

人気俳優とあって、ヒュージャックマンの出演映画はたくさんあります。有名どころでいうと、以下。

  • X-MENシリーズ
  • レ・ミゼラブル
  • リアル・スティール
  • イーグル・ジャンプ
  • ニューヨークの恋人

などなどです。ヒュージャックマンがメイン出演しているものだけを選びました。

YouTubeを活用した英語の勉強:どんな動画?

YouTube上には、ヒュージャックマンが出演されて動画がたくさんあります。もちろん、公式でアップロードされているものがたくさんありますので、ソースは十分です。

例えば、「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」(公式YouTubeチャンネル)。ここで、ヒュージャックがゲスト出演されている動画がアップされています。

長さも10分以内と、さほど長くないので英語学習用にはうってつけ。英語字幕もつけることができるので、とても有用ですよ。

下記が公式のリンクになります。一度拝見してみると良いでしょう。

YouTubeでの検索方法

ヒュージャックマンの動画を探す際に「ヒュージャックマン」と日本語で探してもなかなか動画を見つけることはできません。

「Hugh Jackman」
「Hugh Jackman interview」

など、YouTubeの検索窓では英語で検索するようにしましょう。

映画・YouTubeを活用した英語学習方法!注意点

最初から最後まで、全部を聞き取ろうとすると、飽きます。疲れます。嫌になります。

そのため、数分若しくは、数秒を切り取って、英語の勉強をするように心がけましょう。

例えば、映画であれば2時間前後あるものも多くあります。2時間逐一、知らない単語・文法を調べて英語の勉強をすることはできますか?僕にはできません。疲れてしまいます。。集中力も持ちません。

そのため、フレーズや会話を切り取って英語の勉強に活用するようにしましょう。

流れとしては以下です。

  1. 会話の数分、もしくは数秒を切り取る
  2. 3、4回、字幕なしで聴いてみる
  3. 英語字幕確認
  4. わからない単語・文法を調べる
  5. 調べたら、自分で日本語訳を作る
  6. もう一度聞く
  7. 字幕なしで、理解できたら終了

上記のような英語学習方法が良いでしょう。

ヒュージャックマンで英語の勉強!アクセントは?出演映画やYouTubeまとめ

ここでは、世界的有名俳優ヒュージャックマンの出演映画やYouTube動画を紹介しつつ英語勉強法をお伝えしました。それにしても、かっこいいですよね。。ヒュージャックマンさんて。男性のほとんどが憧れる男性ではないでしょうか。50歳を超えているということですが、将来僕もこんなダンディーになりたいです。。

英語の映画ってだいたい日本語の吹き替え版が多くありますよね。ちなみに、吹き替えは山路和弘さんが担当することが多くあるようです。