英語の勉強は朝に済ませる(習慣は大切なことにつながる)

英語の勉強は朝に済ませる(習慣は大切なことにつながる)

英語の勉強で最も大切なことをひとつお伝えします。

脳科学者の茂木健一郎先生は、朝の起きてから3時間は「脳のゴールデンタイム」となるようです。これを参考にすると、朝の英語の勉強も効率的にできそうですよね。朝の英語を勉強することはとても良いことですが、最も大切なことがひとつあります。

今回は、朝の英語の勉強が「あなたに何をもたらしてくれるのか」というお話をします。

英語の勉強は朝に済ませる(習慣は大切なことにつながる)

英語の勉強:朝は脳のゴールデンタイム

  • 脳が最も効率よく働く時間を知りたい
  • 仕事で英語の勉強時間を取れない人
  • 英語学習で最も大切すべきことを知りたい人

朝を活用して、英語を身に付けようというお話をします。

脳科学者によると朝は脳が効率よく働く

脳科学者の茂木健一郎先生によると、「朝は最も効率よく脳が働く時間」とのことです。具体的にいつかというと

「朝、起きてからの3時間」

上記の時間が最も脳が良く働く「脳のゴールデンタイム」とのことです。

なぜ朝の英語学習が良い?得られるメリット

脳の働きが効率的になるとということは、「英語の勉強は朝に済ませる(習慣は大切なことにつながる)」でお伝えしました。

でも、「英語の勉強と何が関係ある?」と考えるのが自然ですよね。英語の勉強につながる理由を以下でお伝えします。

朝の英語の勉強「習慣」が身に付く

「早起きは三文の徳」なんていう言葉もある通り、朝は脳科学的にも良いとされている時間帯と良い時間とされているようですね。

朝、勉強する事によってどのようなメリットがあるのかは以下の通り。

英語の勉強習慣を付けることができる

次の項目で、習慣になること何を得ることができるのかをお伝えします。

朝の勉強で習慣になると英語で最も大切な事を獲得

英語の勉強で継続は大切

僕自身は「英語を継続して勉強して、使える英語を身に付けることができました」

英語ができるようになるには継続が最も重要

朝の継続的に勉強することで英語の勉強習慣を身に付けることができるでしょう。習慣を身に付けるのは、英語学習において相当なアドバンテージです。

なぜなら、勉強の習慣は継続につながるからです。3日おきに2時間勉強する人と毎日30分勉強する人では、断然後者の方が将来英語ができるようになる可能性は高いです。

英語の勉強が生活リズムに溶け込んで、英語を続ける習慣を身に付けているからです。

【体験談】継続した勉強で英語が使えるようになった話

継続すれば、英語はできるようになると言い切れます。僕は継続することで英語を使えるようになりました。

元々、英語が得意ではありませんでしたし、中高で英語のテストは30、40点程度でした。でも、英語の勉強を続けることによって、話せるようになりましたし、海外の友達もできました。

習慣づける事で、定期的な英語学習に繋がります。1日の中で英語をする時間を習慣付けることができれば、英語の勉強を続けることができます。

継続は僕が英語を話せるようになるために採った手段です。

朝の英語勉強方法はどんなもの3つ紹介

朝の英語勉強方法を3つ紹介

朝の英語の勉強方法を3つ紹介します。インプットとアウトプットを使い分けて、勉強をしましょう。

英文法の勉強:脳の働きを利用

英語の勉強は朝に済ませる(習慣は大切なことにつながる)」で、朝起きてから3時間、脳の効率が上がる事を利用して「理解」するための勉強です。

文法は

  1. 知る
  2. 理解
  3. 使う
  4. 会話で使える

という手順で文法を覚えましょう。

上記の「理解」の部分に英語の勉強にフォーカスして、勉強を進めてみるのも良いでしょう。英語の文法は英語学習で最も基礎部分にあって、最も重要な部分ですよ。

英単語の勉強:時間と範囲を決めて何周もする

  1. 時間を決める(例えば30分)
  2. 朝、記憶する英単語の個数を決めてください。(例えば20単語とします)
  3. 20単語を意味と発音を確認。3,4回ほど繰り返す
  4. 次の20単語の意味と発音を確認

上記が簡単な3つの手順です。

上記の例のように、20単語と区切りをつけて勉強するのであれば、3回目の60単語が終了した時点でもう一度、最初に戻るようにすると良いです。

英単語の意味を見ずに、自分自身で英単語を覚えているかテストしてください。

【体験談】僕が文法・英単語帳を勉強する時の心得

自分の記憶力を全くアテにしてません。復習ありきで勉強しています。

もちろん、英単語帳で勉強する時は、集中しています。ただ、一回で覚えようなんて全く思っていません。

「どうせ忘れるから、何周もしよう!」という感覚でしています。

要するに、何周もすることが大切です。僕は地頭が良くないので、質より量で勉強してきたタイプです。量をこなすことで、英語が使えるようになりました。

アウトプット:オンライン英会話の利用

オンライン英会話の活用も朝の英語の勉強方法のひとつです。オンライン英会話には24時間レッスンができるサービスもたくさんあります。

例えば、ネイティブキャンプであれば24時間レッスンが受けれてレッスン回数は1日何回でも受ける事ができます。

オンライン英会話は英語の勉強の中でもアウトプット作業に最適なサービスではないかと思います。

朝、レッスンのできるオンライン英会話

  • ネイティブキャンプ
  • DMMオンライン英会話
  • EFイングリッシュライブ

朝に英語の勉強すると言っても「何時間くらい?」

朝の英語の勉強は何時間?

個人的な意見になってしまいますが、僕は「30分~1時間程度」で良いと思っています。2時間も3時間もやるのは、日中に仕事に影響が出るのではないでしょうか。

一番肝となる部分は「英語学習を習慣化する」ことです。習慣にして、英語の勉強を続けることが大切。

1日30分、英語の勉強ができる人とできない人では差が出ます。

  • 30分の勉強を積み重ねて英語ができるようになる人
  • 30分のサボりを積み重ねて英語が進歩しない人

誰にでもわかる差ではないでしょうか。