英語の勉強:洋楽で英語に慣れよう!音楽アプリがおすすめ

英語の勉強:洋楽で英語に慣れよう!音楽アプリがおすすめ

英語の上達では座学が不可欠!しかし座学に飽き飽きして、ストレスが溜まっている方!そんな時は、洋楽を使って息抜きをしてみてはいかがでしょうか。今回は、英語の勉強の一環とする勉強方法や考え方を共有します。最後に洋楽を歌うことのできる音楽アプリを紹介します。

  • 洋楽で口が慣れる!
  • 好きな洋楽でストレス軽減!
  • 表現力アップに繋がる

英語の勉強で洋楽!まず初めに注意点

  • 歌が上手くなる方法ではなく、英語の勉強の一環!
  • テストの点数アップの方法ではない!
  • どこの国出身のアーティストなのか知っておく!
    →アメリカ人とイギリス人でアクセントが違うことは皆さんもご存知ですよね。日本の歌では、メロディーに乗ってすべて標準語的なアクセントに聞こえます。しかし、洋楽では、アメリカ人が歌う洋楽とイギリス人が歌う洋楽でアクセントが違ったりもするんです。ぜひ好きなアーティストさんがどこの国出身なのか調べておきましょう。

英語の勉強:洋楽を歌ってどんな効果がある?

もう一度断っておきますが、ここで紹介するのは「洋楽の歌唱力を付ける!」ということではありません要するに、英語の勉強の一環として洋楽を使ってみましょう!という紹介記事になります。

以下で、洋楽を用いることでどのような効果が期待できるのか共有しますね!

思わぬ効果!英語歌詞を覚えてしまうと口に残る

英語の歌詞がメロディーと共に口に残ります!一曲まるまる覚えると、この経験をする方は非常に多いのでしょう。実際邦楽で、数年カラオケで歌っていない曲でもサビ程度ならメロディーが頭を先行して、歌詞が自然に口から出てくる状態になる方は多いですよね。この状態と同様の体験をすることができます。

英語学習の側面からみると、サビ程度でも口に残っていたらとても嬉しいですよね。そのサビフレーズを利用して日常会話に役立てたり、別の単語を置き換えて応用的なこともできるわけです!

英語らしいリズムを得ることを期待できる

当たり前ですが、洋楽は音楽です。うまい下手ではなくメロディーにのせて歌うように意識しましょう。「音感なんてないよ!」という方も安心。アーティストになりきって発声することで、英語に対する慣れ!また、英語らしい発声の感覚を得ることが期待できます!

英語を話すことへの抵抗感をなくす!ストレスなく楽しむ

特に、英語初心者の方であれば英語を口にするのも、抵抗感がある方もいますよね。大人の方であればこれまで英語に触れていなかった分、自分自身の口や舌が思うように回らない!という方も多いでしょう。

ひたすら音読などをしてストレスを溜めながら英語をアウトプットするよりも、好きな音楽にのせて英語学習に取り組んだ方が楽しくアウトプットできますよね。好きな洋楽で、英語を発する抵抗感をなくしましょう。

注意した方がジャンルってある?

とにかく好きな曲で歌いたい方や音楽が得意な方はこのセクションは飛ばして大丈夫です!

少し音楽的な話なりますが、裏ノリの強い楽曲は個人的に注意が必要だと考えます。邦楽の多くは、「タンタンタンタン」の「タ」がアクセントとなって曲が進みます。裏ノリは「タンタンタンタン」の「ン」でリズムを多く持つ楽曲です。ラップ曲なんかに多いです。

邦楽よりも洋楽のほうが複雑なリズムを持つ曲がおおくあります。「裏ノリが強い」また「え、、、!歌い出しここからか!!!」みたい曲は、頭がこんがらがって英語学習どころではなくなってしまう可能性があります。注意しましょう!

英語の勉強に役立てよう!洋楽が収録されている音楽アプリは?

ここから、紹介するアプリは英語学習用アプリでないということだけ注意してください。英語学習アプリではなくあくまで、音楽アプリです。アカペラで歌うのも気持ちの良いものですが、伴奏を使いながらグルーヴにのって歌った方が、気持ち良いですよね。

アイディア次第で英語の勉強にも役立てることができますよ!ここでは、僕も実際にダウンロードしている2つのアプリを紹介します。両方無料でダウンロード可能です。

英単語

groove(名詞):グルーヴ
意味:音楽に乗った状態。その曲のリズムや雰囲気などが気持ち良く感じられる状態。
引用:Weblio

音楽に深く携わる方はなら、グルーヴという言葉に親しみがあるでしょう。明確に一言で言い表すことができないのも、グルーヴという言葉の特徴です。以前、中高生時代に英語圏へ留学をしていた知人に意味を聞いたところ「自分自身のパッションみたい感じとも言えるかな」と教えてもらいました。
ちなみに、形容詞はgroovyです。

英語が歌えるアプリ紹介!

英語の勉強の一環として、洋楽を利用!じゃあ、どんな音楽アプリがあるの?と感じる人も多いですよね!ここからは、僕が実際に使ったことのあるアプリを紹介します。

おすすめ音楽アプリ1:ポケカラ

今回、2つ音楽アプリを紹介しますが、英語の勉強を目的とした場合ポケカラの方がおすすめかと考えます。なぜなら、理由は2つです。

  1. ガイドメロディがついてる
  2. カラオケのように歌詞のフォローがついている
  3. 「練習」機能でフレーズを切り取って練習できる

便利!練習機能

おすすめ音楽アプリ1:ポケカラで紹介した3の「「練習」機能でフレーズを切り取って練習できる」という部分がわかりづらいですよね。例えば、katy perryのteenage dreamだったら,,,

歌詞
You think I’m pretty
Without any make-up on
You think I’m funny……….

という歌詞の冒頭2フレーズ「You think I’m pretty Without any make-up on」のみを切り取って繰り返し練習ができるという機能です。やりたい部分だけを練習できるので、英語の学習にも役立ちますよね。

おすすめ音楽アプリ2:nana

役立つおすすめ音楽アプリ2つ目はnana!英語の勉強に関わらず、音楽好きならぜひダウンロードしておいた方がいいアプリです。ポケカラでは、カラオケ的な雰囲気で歌うことができますが、nanaではたくさんのユーザーさんが独自の伴奏をアップロードしていて、本格的な歌唱をすることができます。

ガイドメロディは付いていないので、少し難しいと感じる方も多いかもしれません。さまざまなユーザーさんが、それぞれのアレンジなどを加えて投稿しているので、音楽自体を楽しむことができますよ!

洋楽を使っての英語勉強法を共有まとめ

ここでは、洋楽を使った英語の勉強でどんなことが期待できるのかを共有しました。洋楽を用いることで、英語への抵抗感をなくしたり、発生の感覚を覚えることが期待できます。

どうせ、英語を勉強するならただ単に「英語がペラペラ話せるようになる!」だけではなく、ネイティブっぽい腹から声が出ているようなかっこいい発音を手に入れたいものですよね!

ちなみに僕が好きな曲は、The 1975のchocolateという曲。イギリスの世界的なバンドです。かなりかっこいいですよ!